重炭酸温浴法とは

furo3-300p「重炭酸温浴法」は、

1:重炭酸の溶けたお湯に、
2:41℃以下のぬるま湯で、
3:15分以上長湯すること。
です。

ぬるめで長湯。しっかり内側から温める入浴法

ドイツでは医師が医療行為として「炭酸泉」をお勧めするのをご存知でしょうか。
炭酸泉の温活で、カラダを温めて血流を上げることで、体質を強化。そしてあらゆる痛みを緩和することから「心臓の湯」と言われ古くから親しまれ、健康保険の対象にもなっているのが「炭酸泉」=「重炭酸温浴法」です。
日本では大分県の長湯温泉が「日本一の炭酸泉」として有名です。長湯温泉はお湯の温度が低温ながら、長時間入浴することで体が温まり、療養泉としても有名です。

重炭酸温浴法とは 先ほども申しました通り、 重炭酸イオンが溶けたお湯に、低温(37℃~40℃)で15分以上長湯する。少しぬるく感じる温度でじっくり芯から温め、体温そのものをあげて体質を改善することを目的とした入浴法なのです。

「プレミアム ホットタブ Hot Tab重炭酸湯」で一度ぬるめのお湯で長湯をお試しください。
湯上り後の体温の感じ方のついてはっきりと感じる事ができるはずです。

重炭酸温浴の体への効果について

血管拡張作用

皮膚、粘膜などの毛細血管や、細小動脈を拡張する作用。指先などに集まる毛細血管が拡張することで末端の冷えの改善が期待できます。

Bohr効果(ボーア効果)

血液中の酸素を多く受け取れるようになる作用。炎症部分の炭酸濃度が高くなる事で、血液から酸素供給が活発になり、細胞の新陳代謝を促進します。それにより、炎症を速く抑える事ができるそうです。

リラクゼーション効果

炭酸泉は41℃以下の水温で血行を促進するため、自律神経の副交感神経が優位になるそうです。

ホットタブ hottab

ホットタブ購入

 

 

 

温活 ホットタブ Hot tab

 

ホットタブ hottab

ホットタブ購入

 

 

 

温活 ホットタブ Hot tab

 

ページトップへ戻る

 

有機屋本舗・お風呂で美容と健康へ戻る