温活のすすめ

温活とは?

「温活」とは、日頃から健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げ、体を温める事で、自分の体への意識を高め、現代病とも言える形で悩まされている冷え症や、何となくの身体の不調、肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下など、さまざまな不調の症状を改善していこうという活動の事です。温活 ホットタブ

そして私たち現代人は、昔の人に比べると基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低い傾向があるそうです。寒いからと言って、エアコンなどの外気に頼らず、小さな行動の積み重ねで身体を温めていく「温活」で、基礎体温を適正温度に保ち、健康で美しい身体になりましょう!

ダイエットと、温活。

いろいろ試してるんだけど、いまいちダイエットの効果が上がらない!と嘆いている方も多いと思います。そんな時は一度ご自身の体温をチェックしてみて下さい。
体温が低い人は要注意です。体の血流が悪くなり、体内の水分も溜まりがちになります。この事は、肩こりやむくみなどの原因を招くほか、効率よく脂肪が燃焼できないというダイエット中にとっては、まさに致命的な体質になっているかもしれません。

そもそも、低体温とは何度くらい?

一般的に低体温とは、平均体温が35℃台の事をさします。
体温を上げると、痩せやすい体質になっていきます。それはなぜか?
体温が1℃上がると、基礎代謝が約12%もアップすると言われています。

基礎代謝とは、生命の維持活動に必要なエネルギーの事です。つまり、心臓を動かしたり、呼吸をしたり。そういう基本的な活動ですね。

何もせずに、寝ているだけでも、平熱が36.5℃の人は、35.5℃の人に比べて基礎代謝が約12%高い訳ですから、エネルギーをより消費しやすい、つまり痩せやすいということにつながります。その差、一日でおよそ140kcal分とも言われています。

体温を上げるためには、今ある冷えを解消することです。そして、体内から熱を生みやすいカラダつくること。

温活 食べて、内臓からあたためよう。

冷たい食事や飲み物は、体内の温度を一気に下げることにつながります。基本的に室温以下のものは、カラダを冷やすと思って胃いただいて構いません。食材をあれこれ工夫して、おいしく食べて内臓をあたためましょう。
よく言われているのが、土の下で育つ根菜類―ごぼう、人参、しょうが、レンコン、かぼちゃ、ねぎ、芋類などは、体温を上げてくれる「あたため食材」として有名です。それに納豆やキムチなどの発酵食品や、カレーや唐辛子などのスパイスもおすすめです。

朝食を抜くのは、もってのほか。低体温を引きずる原因にも

寝起きは体温がもっとも低い時です。そこで、朝食を摂らないと、次の食事時のランチ後まで体が冷え切った状態になります。忙しくて時間がなくても、せめて温かいスープやホットミルクなどを摂るように心がけてみましょう。

ホットタブで温活

温活 基礎代謝を上げる、最も確かな方法はズバリ筋肉をつけること。

とはいえ、これはなかなか簡単そうでむつかしいですよね。ジムへ行ったり、ジョギングをしたり。すぐに結果の見えない長期戦。そこで、忙しい毎日の合間にもできる、スポーツ未満の体温アップ方法をちょっとご紹介します。毎日少しずつでもよいので、ぜひ続けてみてください!

指マッサージで簡単ツボ押し

指先には血液の循環を整えるツボがいっぱい集まっています。
正確なツボの場所がわからなくても大丈夫です!手のひらや爪の生え際などを押したり揉んだりするだけで、簡単に体温が上がってきますよ。

おしり歩き

おしり周りには、大きな筋肉が多くあります。ここを鍛えると、筋肉量が増して、基礎代謝が効率よくアップします。そして、便秘改善にもつながると言われています。女性にとってはうれしい限りですね。
週に2、3回でもいいので、テレビを見ながら、あるいは就寝前に採り入れてみてください。
まずは、両脚を伸ばして座ります。
そして、腰を左右交互に動かしながら、おしりで歩くように前に進みます。(3分間×2セット位を目安にどうぞ)
いかがでしたか? これなら、ご家庭でも気軽に基礎代謝を上げれそうですね。

ホットタブで温活

お風呂で、「温活」

温活で冷え症改善などの元になる基礎体温を上げるのに大切なのは、「血行の促進」です。
そのためにはお風呂に入って(湯船に浸かって)身体を温めるのは基本中の基本です。
疲れた日などでも、シャワーだけで済ませずに、必ず湯船浸かりましょう。副交感神経が刺激されて血流がよくなるため、冷えた内臓まであたたまります。

入浴に関して、もう一つお伝えしたいことは、熱いお湯でサッと入るだけでは、カラダの表面しかあたたまらないこともあるため、37℃~40℃くらいのお湯にゆったりとつかることが大切だと言うことです。
全身浴がしんどいならば、半身浴を。ゆっくり20分位浸かっていると、カラダの芯までじんわりとあたたまるので効果的です。ここで、ホットタブを併用すれば、さらに効果もアップです。

余裕があるなら、湯船につかりながらストレッチもありです。足首回し&肩甲骨回しを各20回ずつ採り入れると血流がよくなり、ポカポカ度がぐんと高まります。

ホットタブとは・・・

有効成分の効果で、ぬるめのお湯でもおどろくほど温まります。

furo1病気を予防し、健康寿命を延伸するためには、「1日の疲れやストレスをその日のうちに取る」「寝つきが良く、朝までぐっすり熟睡。すっきり目覚める」
という事が重要な健康管理の指標となります。

そのためには「温活」にて血流を良くし、適正な体温まで基礎体温を上げる事が必要です。

続きはこちらから・・・ホットタブの重炭酸入浴

ホットタブで温活